札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     北海道都市職員共済組合(函館、小樽、旭川、室蘭、帯広、岩見沢、夕張、網走、美唄、苫小牧、稚内、留萌の12市職員で構成=平成18年現在)が経営している湯宿。

     東川町・旭岳温泉に佇み、宿泊・日帰り入浴ともに一般客へ開放。3月末で閉館すると聞き、最初で最後の日帰り入浴へ足を運びました。

    宿はこちら玄関前のワイルドな看板
    こぎれいな外観
    ロビー周り
     RC造3階建て、客室22室。日帰り入浴時間11時30分~16時まで。500円。

    男女脱衣所前男性脱衣所
     男女浴室は2階にあります。

    男性浴室
    男性湯船
    男性浴槽1つ
     男女別に内風呂1つのみ。リンスインシャンプー、ボディーソープ、固形せっけんあり。

     昭和55年3月の温泉分析書によると、源泉名「勇駒別温泉」、含食塩-石膏泉、泉温45.0度、pH6.3、蒸発残留物1.392g/kg。源泉は宿から100メートルほど離れているそう。冬期間だけ熱交換器で加温、湯船から湯があふれています。

     無色透明、どことなくつるつるする肌触りと私感。

    作品名「神々の遊ぶ庭」
     2階ロビー壁面に掲げられた作品は、彫刻家の砂澤ビッキ氏(1931年生まれ、1989年没)が作製しました。旭川市出身でアイヌの血を受け継ぐものの、「アイヌの芸術家」の枠にはめられることを嫌ったそう(ウィキペディア参照)。
     「ビッキ氏がうちの宿に来ては、作品の前でウォッカを飲みつつ、眺めていたようです。よほどこの作品を気に入っていたのでしょうか」とスタッフ談。

     私は、この作品を見て、大きくてすごいなあとは思いますが、一体何を表しているか、検討つきません。つれに聞けば、「天使が遊んでいるように見える」。作品名はアイヌ語で「神々の遊ぶ庭」、和名では「大雪山」ですから、つれの指摘はなるほどなあ。天使が大雪山で遊んでいると考えれば、そう見えてくるから不思議です。

    作品名「蝶と鮭」 1階には、「蝶と鮭」というビッキ氏の作品があります。蝶、鮭ともに手で押すと可動する造り。

     閉館すれば、ビッキ氏の作品はどうなるのかな。「たぶん、美術館に運ばれると思いますよ」(前出スタッフ)。

     どこの美術館かは分かりませんが、音威子府村に「アトリエ3モア」という美術館(冬期間休業)があり、ビッキ氏の作品が展示されていますね。

    青いつらら
     ちなみに、この湯宿は、洞爺湖、登別、定山渓、旭岳でホテル経営を展開している万世閣グループが取得。旭岳温泉の「旭岳万世閣ホテルベアモンテ」の別館として、今夏にも新装オープンするみたい。
     現行の湯使いを生かしつつ、ナイスな宿造りに期待したいです。

    シンプルだけど、素敵な温泉施設ですが・・・
    万世閣グループの手に渡ってしまうんですね。
    この状態で残してくださるといいですが。

    2008.03.12 18:15 URL | かりん #- [ 編集 ]

    かりんさん、こんばんわ~
    まったくノーマークの湯宿でしたが、つれ調べにより、3月末閉館を知り、急きょ訪問。私も宿全体のシンプルさが良いなあと感じました。
    この宿の内部は築年数を感じるので、大幅な改修が行われると私感。取得した万世閣は、個人客を主体とした「品の良い宿」を目指していただければ、ぜひ泊まりに行きます、と勝手に思っている次第です(笑顔)

    2008.03.12 20:36 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさんこんばんは。落ち着いた佇まいで、ゆっくりできそうな所ですね^^
    また、ツララがすごい!なんだか近頃はねじと温泉にいけていないので、行きたくなってしまいました。閉鎖は残念です(>.<)

    2008.03.12 23:29 URL | #SFo5/nok [ 編集 ]

    蛤さん、こんばんわです!
    大きなつららにびっくりしました、さすが標高1,000メートルの山宿ですね(笑顔) ご指摘のように落ち着いた雰囲気でしたよ~
    ねじさんとのバス温泉旅、期待しております(笑顔)

    2008.03.13 23:32 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ◆追記◆(財界さっぽろ4月号参照)

    万世閣グループは、3月末閉館するこまくさ荘を改修、6月中旬にも「ホテルディアバレー」をオープンします。旭岳万世閣ホテルベアモンテのアネックス館として、個人客対象の「大人の隠れ家」がコンセプトのよう。
    外観は木目調、全フロアフローリングで、客室は洋室を中心に26室。ツインのほか、40㎡客室+展望バスルーム付、和室のあるファミリールームなど、客室タイプはさまざま。客室の方角によって眺望が異なります。ホテル内にプールバー、オーディオライブラリーを設ける予定。
    風呂・湯についての記述はなく、食事は「地元の旬を堪能」とだけ記してありました。

    どうやら個人客重視のプチ高級ホテルの様相。現在のこまくさ荘の面影は、なくなる予感ですね。
    内部は大幅な改修になると思いますが、オープンまで工事期間は2ヵ月余しかなく、間に合うのでしょうか。

    2008.03.16 14:21 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/994-651192cf

    | ホーム |