札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    仙台空港に直結している「仙台空港駅」
     所用で仙台に。「仙台の奥座敷」と言えば、作並温泉と秋保温泉が挙げられますが、私は作並温泉で1泊しました。

     2007年(平成19年)3月に、仙台空港アクセス線(愛称)という鉄道路線が開通したため、仙台空港→仙台駅→作並駅まで、電車で行けるようになりました。

     仙台空港駅→仙台駅まで快速17分(普通28分)、630円。そこからJR仙山線に乗り換え、仙台駅→作並駅まで快速33分(普通40分)、480円。
     
    作並駅です作並温泉まで3㎞
     札幌から飛行機を使えば、かなり簡単にアクセスできますね。

    黒いこけしは「作並太郎」、赤いこけしは「作並花子」
     作並駅のホームに降りると、作並こけしがお出迎え。

    「交流電化」発祥の地でもある
     無人駅ですが、作並温泉に行くであろう方々が、20人くらい下車。駅の外では、宿の旗を持った男性&女性スタッフが歓迎してくれ、私を含め10人ほど送迎バスに乗り込みました。この送迎バス、特に予約したわけではなく、電車の到着時刻に合わせ、必ず待っているそう。
     車内ではクーラーボックスからホカホカのおしぼりを出し、客1人1人に配り、5分ほどの乗車で、今宵の宿に到着しました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/937-4ad40333

    | ホーム |