札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    北斗14号
     10月6、7、8日、世間的には3連休ですが、当方は初日と2日目昼まで会社の業務に服しました。
     では、2日目午後から、つれと2人で1泊温泉旅行へ行きましょうと、3連休初日(つまり宿泊希望日の前日)に、宿泊予約の電話をかけました。普段の感覚通り2食付にしようとの考えから、1軒目は夕食を出せない(板前が連休中は休み)と言われたため、こちらから断り、もう1軒は「一般(観光)の方ですか。いま、工事関係者しか受け入れていない」と断られました。

     うーん、白老の激安宿も、3連休だけにハードルが高いな。まあ、たまたまこの2軒がこういう状況だと思いますが。

     そこで、ちょっと考え方を変え、朝食のみの宿泊を願い出て、夕食は外食で済ませましょう。外食したい食い処はあそこだな、そこに近い宿はどこかな、と、選び出した宿に電話すると「良いですよ」と予約成立。
     そして、念のため、食い処にも予約を入れ、「海の見える席が良いな」と言えば、「3連休で予約結構入ってますし、ちょっと受け付けかねる」と言われました。ああ、そうなのだ、白老とは言え、人気食事処はそうなのだ、と思った次第。とりあえず予約だけ入れました。

     札幌発函館行き北斗14号、札幌駅13時17分→登別駅14時23分。

     登別駅からJRレンタカー(24時間7,870円)を借り、白老界隈をうろちょろします。ちなみに、つれには「こんな無駄遣いして! 札幌からレンタカー借りれば安上がりだ」と、けちょんけちょん。その通りなだけに、頭が上がりません。
     まさかこんなレンタル料になるとは思わず、借りてしまいました。
     以前、札幌⇔函館のJR券を購入した際、JRレンタカーを24時間3,000円で借りたことがあったので、JRで借りれば3,000円という、うっかり過ぎる勘違いをして、今回緑の窓口で買ってしまいました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/861-a08168b2

    | ホーム |