札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     男女浴室は、片方が「内風呂2つ」、もう片方は「内風呂2つ&露天1つ」と造りが異なり、男女浴室は21~21時30分に掃除した上で、入れ替えします。夜中入浴OK、9時30分から再び掃除。


    ◆露天なしの浴室

    脱衣所ドアを開け、数段の階段を降りると、浴槽2つが見える
    脱衣所ドア階段、洗い場の風景
     窓がなくお日様の光が差し込まない浴室で、洞窟な印象。木のぬくもりが良い感じ。

    壁・浴槽縁は「木」
    窓は一切なし。昼夜問わずこんな感じ
    男性脱衣所ロビー棟→客室棟の渡り廊下を渡り、エレベータ前に男女脱衣所のれんがある
     洗い場は5つです。脱衣所に冷水機あり。


    ◆露天ありの浴室

    ちっちゃい浴槽2つ
    浴室は狭い
    洗い場6つ
     先の浴室よりも小さくてこじんまり。

    露天もちっちゃい
    こじんまりな風情
    内風呂方面を眺める
     露天風呂はこんな感じ。

     脱衣所掲示の温泉分析書(平成11年)では、源泉名「1号乙泉」の酸性・含硫黄-(ナトリウム)-硫酸塩泉(硫化水素型)。泉温69.3度、PH2.5、成分総計0.973g/kg、蒸発残留物0.878g/kg。

    おはようございます。
    リンクありがとうございます。

    この温泉片方が露天風呂がなかったですね。
    それと、温泉成分がそれぞの浴場で違うんですね。
    花鐘亭はなやの露天風呂の感じににているのかな?
    やっぱり、宿泊して体験したいです。

    2007.09.08 07:27 URL | かりん #- [ 編集 ]

    かりんさん、おはようございます。
    確かに、露天ありの浴室の方は、こじんまり&小ぶりで、はなやチックと私感でした。
    お日様の光が当たっている浴槽の湯は乳白色で、日の当たらない浴槽は緑色っぽく見えますが、湯は同じ「1号乙泉」のようです。

    2007.09.08 07:57 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/832-19b7cb67

    | ホーム |