札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    看板
    外観
     国道36号から、少しだけ奥まった場所に佇む宿です。

    入りづらい玄関
    ドアを開けると、カウンターがある人の気配がない
    アンティーク?
     民家のような玄関を開けると、目の前にカウンターが鎮座し、周囲を見渡すと雑然とした印象。奥に上がり框があり、「ごめんください」と複数回叫ぶと、女将さんらしき方が出てきました。300円払って靴を脱ぎ、すぐ近くの浴室へ通されました。

    脱衣所内。左のトイレはウォシュレット。奥に浴槽が見える
    家族風呂の広さ洗い場
     脱衣所、風呂ともに家族風呂の大きさですね。

    味わいがある?
    男女浴室を仕切るすりガラス壁に青かび・・・これを見て、東川原湯(鳴子)を思い出した
    左端に湯口洗い場。誰かが置いていったらしき携帯用シャンプーを発見。基本的に何も置いていないと思った方が良い
     いくつになっても、すりガラスはドキドキします。

     脱衣所掲示の温泉分析書(昭和42年)では、泉温50度の食塩泉、pH8.2。420mボーリングした湯は自噴、毎分1,250ℓ。近くの湯元から分けてもらってるみたい。

     「7500円以下で泊まれる温泉宿BEST100プラス33」(エムジー・コーポレーション発行、1994年)で、呉竹荘が紹介されています。
     その内容は、1万点以上の骨董品で溢れかえっている宿で、1階が居酒屋、上の階の客室は3室で2食付5,500円。宿の前に列車(廃車)を活用したライダーハウスがあり、素泊まり500円で年間600人以上が利用したと記載されていました。
     いま列車はありません。湯上りに女将さんと立ち話したところ、上の階の部屋をライダーハウスとして相部屋1,000円で提供しているそうです。

    時間が止まったまま
     脱衣所の棚の奥に張ってあったカレンダーは、1976年(昭和51年)、1977年(同52年)のもの。ここは1972年(同47年)オープンだそうですから、その当時から時間が止まったままのようです。

    ココはかなり味がありますよね
    一度、素泊まりしてみたいです

    2007.08.15 19:27 URL | じゅん☆ #Tzzz29jM [ 編集 ]

    じゅん☆さん、私も宿泊したいと思ってます(笑顔) 真冬であれば、ライダーも来ず、貸切状態になれる、と勝手に思う反面、ライダーが齢(よわい)を重ね、家族連れで青春の宿へ常連として宿泊、ゆえに意外と混んでいるという想定も念頭に置いています(笑)

    2007.08.15 20:19 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/804-d984a446

    | ホーム |