札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ◆男性内風呂

    男性内風呂
     昭和の初めに造られた浴室。昔は混浴だったと聞きます。

    脱衣所方面を見る。ドア2つは混浴時代の名残奥に露天へ行くドアが見える
    男性湯口早朝の湯面に、温泉成分が膜を成す
    湧水飲み場男性脱衣所



    ◆男性露天風呂

    男性露天。奥にちらりと滝がある
     男女露天は平成9年(1997年)新設で、女性露天風呂より狭いです。


    ◆女性内風呂

    女性内風呂(つれ撮影)
    女性脱衣所(つれ撮影)
     平成元年に新設したそう。


    ◆女性露天風呂

    女性露天風呂(つれ撮影)
     滝見の湯。

    男女脱衣所前
     男女脱衣所前に掲示された平成17年2月の温泉分析書を読むと、源泉名「新泉」は湧出量毎分185リットル(動力揚湯)で、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。泉温65.8度、pH6.5、成分総計3.692g/kg、蒸発残留物2.821g/kg。
     湯使いについて、露天風呂は「泉源保護と衛生面を考え、溢れ出る湯量を増やすため差し水をしております」。内風呂は「源泉を使用しております」。

     日帰り10~21時(20時受け付け終了)、500円。

    ご無沙汰しています。
    今日は遠出するには疲れがあり、地元の白金温泉に夕方でかけました。
    この白金の湯と「鯉川温泉」の湯が非常に似ております。温泉成分的には違うのだと思いますが、色とか入った感じとかが・・・

    最近は、十勝のホロカ温泉にはまっておりまして、ホロカ温泉旅館の男湯にも入りました。このお湯は、万病が治る感じです。

    2009.05.30 22:02 URL | さくら #NqNw5XB. [ 編集 ]

    さくらさん、こちらこそお久しぶりです。
    白金と鯉川の湯の色合い、確かにどことなく似ていますね。緑っぽい感じでしょうか。

    ホロカ温泉旅館、良いですね~ 男湯の床が温泉成分でデコボコしているところが、ありがたい気分になりますね。露天がなくても温泉って良いですね~

    2009.05.31 15:08 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/721-c3183438

    | ホーム |