札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    神社通りふじた食堂。気になる
     白老町・JR竹浦駅の裏に、竹浦神社通りが北に伸びています。途中の住宅街に佇む、ふじた食堂は営業していました。

    竹浦神社前竹浦神社
     竹浦神社は花咲く桜の木に覆われていました。

     「竹浦神社由緒」と記された石碑を読むと、この神社はそもそも明治初めに、今ある大昭和製紙工場裏の北吉原神社のところに建立。それが鉄道開通で市街地移転に伴い、昭和9年にこの近辺へ移転。さらに高速道路の用地として取得されたため、600人以上の浄財で2,000万円を集め、この地に昭和57年新築されたそう。

     竹浦神社の御祭神は、誉田別之大神(ほむだわけのおおかみ)、天御中主之大神(あめのみなかぬしのおおかみ)、大国魂之命(おおくにたまのみこと)、大己貴之命(おおなむちのみこと)、少彦名之命(すくなひこなのみこと)。

     こうやって記すことで、神社のことを詳しくなりたいなと思うのですが、どうも頭に入りません(笑)












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/691-def4fbe4

    | ホーム |