札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    夜の龍宮閣夜の玄関
     夜の佇まいを眺め、昭和の「商人宿」を思わせるなあと私感。軒先の看板は「竜宮閣」ですが、領収書は「龍宮閣」(笑)

    徒歩20秒にコンビニ
     この宿、客室に冷蔵庫がなく、館内に自販機もないだけに、宿の斜め目前にあるファミリーマート(24時間営業)が冷蔵庫代わり。22時頃に買い出しへ行った際、宿玄関脇にスタッフが待機していており、サンダルを出してもらいました。夜中、外出する際は、勝手に施錠を外して良いのかな・・・ ぐっすり眠ったので、確認しませんでした。

    蛇口に成分がこびりつく
     客室5室の中、この日は私を含め宿泊客3組のもよう。そのため、宿側から「2室ある浴室両方とも貸切OK」と言われ、ラッキーでした。

    宿内から玄関を見る
     熱海駅から徒歩2~3分で、市街地に立地している龍宮閣。昭和な雰囲気の建物がひときわ目を引き、内部も歴史を感じる木造づくり。

     人口41,000人余という熱海市の「熱海温泉」は、開湯1,250年余の歴史を持ち、江戸時代には徳川家康が好んだみたい。
     一口に「熱海温泉」と言うのは総称で、私が泊まった熱海駅前に広がる「熱海温泉」のほか、「伊豆山温泉」「伊豆湯河原温泉」「南熱海温泉」の4地区で構成。計100施設強の宿があるほか、温泉公衆浴場は80ヵ所ほどで別府市に次ぐ数(ほとんど地元民専用。観光客が入浴できるのは少しだけ)。
     どうも市街地ならば市営温泉を自宅浴槽に引ける(加入金45万円ちょっと、月使用料12,000円弱)ようで、その数は1,000世帯以上。

     以上、温泉主義No.04(くまざさ出版)記載情報を参考にまとめました。

    熱海サンビーチ沿いに並ぶ大ホテル
     訪れる前の熱海って、大きな温泉ホテルが並ぶ一昔前な風情で、温泉街としての一体感もなく、いまは閑古鳥でしょ、なんて、したり顔なイメージを抱いていました。
     確かに私が歩いた熱海駅前の「熱海温泉」は、商業ビル、商店、マンション、民家の合間に温泉ホテル・宿があり、ごちゃごちゃした感じゆえに、温泉街としての一体感はなかったのですが、裏を返せば「こんなところに、こんな渋い佇まいの宿が」と思ったのが、今回泊まった龍宮閣なわけです。
     この宿に限らず、昔ながらの建物をところどころで見かけ、ああ、古きものはなんだか心が安らぎますね、と思った次第。

    路地裏を散策していたら、こんなこじんまり宿が。こうした発見が散歩の楽しみ
     大きい温泉ホテルが軒を連ねる「大温泉地」と言われるところは、その裏にひっそり隠れているこじんまり宿を探し、堪能するのが楽しいなあと感じる昨今ですね。龍宮閣は素泊まりでしたが(トクー! では素泊まりしか受け付けていなかった)、街中にあるので夕食を外でとった方が、これはこれで熱海の夜を味わえますからね。

     今回、私が巡った熱海は、ほんのさわりでしかなく、自遊人2006年1月号別冊「温泉図鑑」(カラット刊)を読むと、観光客OKの数少ない温泉公衆浴場が紹介されており、渋い感じだな、と思うとともに、秘宝館も気になりますし(笑) ディープな温泉街「熱海」は、東京に住んでいれば、通うかも知れません、定山渓のように。
     出張の合間に訪れた今回、宿泊代と新幹線代は自腹ですが、新千歳⇔羽田は会社持ち。札幌から飛行機代をかけて、熱海に通い詰めたいですか、と問われれば、あれかな(笑)

     何はともあれ、遠方の見知らぬ街へ探検に行くのは、楽しいことです。

    熱海、お疲れ様でした。
    関東モンにとっても熱海は格別な郷愁は
    湧かないところなのですが、実は最近注目
    しております。今年はまだ行っていないの
    ですが街歩きやB級グルメ狙いでもかなり
    面白い街のようです。
    なんでも市役所の食堂が「美味い」という
    裏情報を入手してます(笑)。

    次回はお近くの「福島屋旅館」に立ち寄り湯
    をお奨めいたします。涙ものの湯が待って
    おります。
    その折は是非お誘いください。新幹線で駆けつけます。(^^♪

    2007.04.11 22:39 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、ご指南ありがとうございます~
    新婚旅行は熱海・・・なんて、昔のイメージが私の中で大きいのですが、熱海の人気は関東・東海圏の「個人客」が支えていたというよりも、社員旅行等の「団体客」&「全国の観光客」によるものが大きかったのでしょうか。札幌人が富良野やニセコ等に、本州の方以上にあまり肩入れしない傾向と似た状況でしょうかね? 「地元(近隣)の人は身近すぎて良さに気付かない法則」でしょうか(笑) 

    市役所食堂・・・穴場の極みですね! 土日祝日にやっていれば挑戦しやすいのですが(笑) 蛇足ながら私は、道庁地下食堂より札幌市役所地下食堂の方が美味に感じています。札幌市の方が地下ながら、造りの関係で広い窓があり、採光があるんですね。道庁は窓がなく穴蔵。でも、最上階の喫茶店は景色がよく、ランチも洋食チックでいい感じ。味を構成する、食堂の造りのみに言及してしまいました(笑)

    福島屋旅館・・・チェックしたら、日帰りにとどまらず、ちょっと宿泊したくなりました(笑)

    熱海って、下界と隔絶された温泉地ではなく、街中という日常生活にとけこんだ温泉地だけに、まち歩き&B級グルメ探訪にうってつけなのだな、ご指摘のように、今回訪れて思いました。その節は、宜しくお願いします(笑顔)

    2007.04.12 21:15 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/637-42884d65

    | ホーム |