札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     同じ温泉宿に連泊・・・ 普段は土曜に1泊ばかりの私は、非常に魅力的な行為だな、と感じています。
     朝起きて朝食をとり、再びごろごろして、気がついたらもうお昼。ちょっぴりお腹も空いてきた、さて昼食はどうしよう、そして午後は何をして過ごそうか、などと考える瞬間が、後から振り返ると、非常に贅沢な時間の使い方だな、と思う次第。

     これまで、同じ温泉宿へ2連泊したことはあるんです。旅館大沼(東鳴子温泉・宮城 14年12月末18,000円)、瀧の湯(湯野浜温泉・山形 15年12月末31,000円)。
     いずれも年末に宿泊しています。私の場合、1年のうちでもっとも確実に休みをとれる時期なのです。

    2連泊した経験がある旅館大沼(東鳴子温泉)
     さて、ことしも年の瀬が迫っていますが、年末は湯治宿へ1泊、もう1つの湯治宿に2泊の計3泊を予定。どちらも初めて足を運ぶ宿とあって、冒険心がくすぐられっぱなしの昨今ですね。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/529-2bc482b9

    | ホーム |