札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    夕食全景
     当方指定18時00分に対し、9分遅れて部屋に配膳。仲居さんに白米、御吸物、デザートはいつ運んだら良いかと訊ねられ、すぐに持ってきてもらいました。お品書き付。

    食前酒先付
    (左)山ぶどう酒
    (右)豆乳豆腐、抹茶豆腐 山葵 柚子

    前菜向付
    (左)茗荷寿司、枝豆、八幡巻
    (右)沖ひらめ、活たこ

    強肴口替り
    (左)仙台牛たたき
    (右)海ぶどう加減酢掛け クコの実 きゅうり

    洋皿揚物
    (左)若鶏と夏野菜ソテー パプリカ ズッキーニ
    (右)揚げ物(ハモ、かぼちゃ、ししとう、なす、えび)

    蓋物蒸し物代わり
    (左)冬瓜薄蔦仕立て えび、ほたて
    (右)冷製なす・ずんだ和え

    留椀白米&御吸物
    (左)すがわら特製冷黒胡麻そうめん おくら、茗荷、きゅうり
    (右)白米 御吸物(すずき吉野仕立て)

    香の物果物
    (左)漬物
    (右)すいか、キュウイ、グレープフルーツ

    夜食&冷水入りポット
     食事が終わり、フロントに電話。さげに来た仲居さんが「お夜食にどうぞ」と小さい味噌おにぎり、しそ巻き、そして冷水入りポットを置いていきました。続いて男性スタッフが布団を敷いてくれます。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/435-a988ddd0

    | ホーム |