札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ◆男性内風呂

    螺旋階段から望む右のバイブラバス、朝はOFF
    露天風呂に続く螺旋階段右奥にサウナと水風呂あり
     浴槽、バイブラバス、水風呂、サウナ。浴槽にデジタル泉温計があり43度前後。


    ◆男性露天風呂

    男性露天1男性露天2
    男性露天3男性露天からの眺め
     内風呂から螺旋階段を登って行きます。内風呂より熱め。浴槽は小ぶりで2人くらいがベストでしょうか。ベンチがあります。禁煙。


    ◆家族風呂

    廊下から見る家族風呂脱衣所家族風呂洗い場は2つ
     新館2階の客室前にあります。これ、無料ではありません。宿泊客は1,500円(60分・2人まで)、日帰り客は2,000円(同)。人数増、延長料金は別途課金みたい。
     フロントに申し込むと鍵を渡されて入浴しに行くシステム。終わったら鍵をかけて返すので、こっそり入浴は出来ません。

    湯の使い方
     自家源泉のアルカリ性単純温泉、泉温49.6度、pH8.6、成分総計0.955g/kg、蒸発残留物0.753g/kg。
     番茶色のモール泉で、肌がつるつるするとともに、温泉ホテルボストン同様、体毛にあわあわ(気泡)がつき、いい感じ。ただ、あわあわ度は温泉ホテルボストンの方が強いかな、と私感。
     入浴時間は01時まで。清掃後、05時から入浴OK。日帰りは10~01時で480円。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/415-8b8df0e4

    | ホーム |