札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    帰り道の風景
    バス停と満開の桜

     宿泊した5月2日は、GW狭間の平日だけに、宿泊客はほとんどいませんでした。風呂では湯治客らしき年配者と2人出会ったのみで、宿全体を貸し切った感じ。

     以前購入した河北新報社の「東北の温泉紀行 湯治においで 湯とりっぷみちのく」(平成13年発行)で、「外科疾患の痛いところ『いやす』 杖やギプスを置いて帰る人も」の見出しで、この宿が紹介されています。
     200年余前に赤田の大仏で有名?な長谷寺(由利本荘市)の和尚が、鶴の湯浴みシーンをみて冷泉を発見したらしく、旧岩城藩主の命を受けて湯舎を開き、戦中戦後はけがを負った兵士、交通事故に遭った人が全国から訪れたといいます。
     
     たった1泊しただけの私は、その辺りの効能は分かりませんでした。毎分40リットルのナトリウム硫酸塩-塩化物泉は、いろいろ加工されて湯船を満たしておりますが、今でも効能豊かなのでしょうか。この宿、家族風呂もあるそうで、宿泊時はその存在に気づきませんでした(苦笑) ひょっとしたら、家族風呂は混じりけなしの湯なのかな?
     ちなみに宿玄関ロビーの冷水機で、源泉を飲めます。ちょっと苦い感じ。

     8,000円強で食事もまあまあ。友人夫婦に会えたことが、私のメーンイベントだったので、宿の良し悪しは正直あまり考えませんでした(笑)
     
    長谷寺赤田の大仏

     帰りに由利本荘市の「長谷寺」と「赤田の大仏」を見学しました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/337-03f6f78e

    | ホーム |