札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     札幌市南区・定山渓の外れに佇む一峯小築(いっぽうしょうちく)は、2016年春にオープン。日本ハウスの保養所を購入した中国人オーナーが営み、宿泊に特化している。
     電話すると、日本人男性が親切に対応してくれた。2016年のクリスマスイブ(土曜)に泊まって2食付12,000円。14時過ぎにチェックインすると伝えた。どんな温泉宿か楽しみだ。



    中国人オーナーの宿

    看板
     予定を少し過ぎた14時30分に到着。木のぬくもりを感じる真新しい建物だ。日本人男性が出迎えてくれ、「まだ(客室の)ご用意ができていないんですよ」。そうですか。きちんと整頓されたロビーで待つ。品の良さそうな調度品から中華テイストを感じる。

    玄関前陶器
    協会
    ホール
    商品喫茶
    お茶
     お茶を出され、しばいていたら、「そうだ、先にお風呂どうですか」と提案を受けた。よし、まずはひとっ風呂しよう。



    小ぶりの浴室 温まる湯

    風呂3(男)
    露天1(男9
     男性風呂と女性風呂はレイアウトや大きさが異なるものの、湯船は2~3人用の小ぶりサイズ。加水&塩素消毒と記載されていたが、気にならない。露天風呂の湯口や床に析出物が重なり、湯上り後に体の温まりが持続するから、ナトリウム-塩化物泉の成分力を感じた。脱衣所や露天風呂には絵画をかけてあり、中国人オーナーのこだわりを見た。



    なんちゃって日本料理

    夕食全景
    めし
     食堂で夕食が提供された。しゃぶしゃぶがメーンで、ぱっと見て感じたことは「海外の日本料理店で提供されている、ちょっとおかしい日本料理」だ。全体的に原色な色合いで、盛り付けが素っ気ない。サラダ(レタス、水菜、アボガド)は、我が家も愛用しているピエトロのドレッシングで味付けしていた。夕食も朝食も素人チックな料理だったが、それでも朝食は手作り感があって、好感が持てた。

     個人宅に毛の生えた程度の規模の宿(5室)に、宿泊客はワタシたち以外に2組。クリスマスイブを過ごすため、急きょ訪れた中国人オーナー家族と、中華圏の子供連れファミリーだった。わいわいがやがや。どうして大陸の方々は声が大きいのだろう。子供たちは夜更けまでどたばた走りまくり、雄たけびを上げまくる。これで客室にテレビがあれば、気もまぎれるのだが、ないのだから、騒音がBGMだった。 



    定山渓にチャイナタウン?

     こちらの宿、ホームページを拝見すれば、「日本の不動産権利証及びビザ手続(条件が合えば日本での在留カードが発行され、日本国民と同じ待遇を受けられます)を行っている」「今後6棟の2階建てコンドミニアムを建設販売予定」など、どうやらターゲットを中華圏の方々に置いているようだ。近い将来、定山渓にチャイナタウンが生まれるかもしれない。

     2016年のクリスマスイブ、わざわざ、中華圏へ出向かなくても、札幌市南区定山渓で異国情緒を味わえた。ありがたいと思わなければ、楽しみ上手とは言えないだろう。

     いろいろあって、ブログの更新が出来ていませんが、こつこつアップしていきたいと思う今日この頃です(笑顔)












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/2562-7b3aaefb

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。