札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    大湯です
    温泉分析表 平成24年12月17日
    ・申請者 風間浦村長
    ・源泉名 大湯1号泉
    ・源泉地 青森県風間浦村大字下風呂字下風呂113
    ・56.5度 湧出量は測定不能(自噴)
    【採取地】無色透明・酸味塩味渋味硫化水素臭
    【試験室】無色微混濁・酸味塩味硫化水素臭
    ・pH2.19
    ・蒸発残留物3.337g/kg
    ・溶存物質3.681g/kg
    ・成分総計4.266g/kg
    ・酸性-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性酸性高温泉)

     入浴時間7時00分~20時30分(11~3月は8時00分~)。350円。
     券売機でチケットを買い、番台の女性スタッフに手渡す。宿での朝食後に訪れた。

    男湯

    大湯
    大湯 脱衣所
     内風呂に湯船2つ。アツイ湯と適温の湯だ。「熱っついから(水で)うめで入れ、オレもさっき少し入れだんだよ」。先客のあたたかいお言葉に従い、どぼどぼ水を入れて身を沈めた。宿泊しているまるほん旅館の元湯である。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/2403-a92d54b5

    | ホーム |