札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    案内図
     明治20年頃には、既に「気仙(きせん)旅館」として商売していたらしい。平成6年に現在地へ移転新装オープン。JR標茶駅から徒歩10分で、市街地の外れにある。

    公共宿チック
    フロント&ロビー
    フロント周り
     フロントで立ったまま手続きし、鍵を渡され、自力で2階客室へ。

    2階客室前廊下ドアを開ける

    客室207号室

    コンパクトにまとまっている
    いい感じ
     8畳+縁側。

    電気ポット&お茶セット冷蔵庫に冷水ポット
    浴衣&タオル&バスタオル洗面台&ウォシュレットトイレ
     トイレ、洗面台付。

    客室からの風景













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/2273-59be8195

    | ホーム |