札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」


    部屋窓からの眺め。写真奥の右が風不死(ふっぷし)岳(1,103m)、左が樽前山(1,024m)。手前の建物は支笏湖第一寶亭留 翠山亭

     ネット予約後、サイトからの予約成立通知メールに加え、ユース側からメールが届きました。施設案内でした。抜粋した内容は下記の通りです。

     「ユースホステルは、もともと、青少年のための簡易宿泊施設。夏休みや週末は子どもの利用が多く、家族、夫婦以外の男女1室利用はできない。チェックイン時に非会員は身分証明書、ユース会員は会員証の提示を。食事は食堂で他のお客と一緒に食べてもらい、夕食を食べる人は18時までにチェックイン。布団敷きはセルフで門限22時。このような施設であることを理解の上、利用をお願い申し上げる」

     特に異論はなく、初めてのユース宿泊に好奇心が高ぶるばかり。

    20060131230234.jpg

     日本第1号のユースとして、昭和35年オープン。赤い三角屋根の欧風な建物が歴史を感じられ、むかし丸駒、いとうに宿泊した際、通りすがりに気になっていました。
     しかし、玄関やフロントをはじめ客室、食堂、風呂、ラウンジ等、泊まる際に利用する機能は、すべて隣接する普通の建物に集約されています。18室、定員108人。
     赤い三角屋根の建物は、いま何に活用しているのでしょうか、聞き忘れました(苦) 以前、取り壊わす計画が浮上したようですが、歴史的建造物を保存していくことが決まり、今に至っている話を聞いたことがあります。

    20060131225822.jpg
     夜になると赤い三角屋根の建物がライトアップ、なかなかきれい。22時30分過ぎ消灯。

     食事内容に満足しました。女将さん手作りのよう。朝食のロールパンは、多分スーパーで売っている袋入りのものでしょうが、しかし全体的に「知人(同僚)宅にふいに泊まった翌日、奥さんが冷蔵庫の食材を工夫しておしゃれに作ってくれた、心づくしの料理」と私感。

     まつり期間中の土曜なのに、宿泊者は3人。館内をほぼ貸切でき、静かだしなんだか嬉しいですね。宿の人も見当たらないし(笑) 札幌から近いのに、俗世間から離れた環境で、のんびりできました。でも、学生団体と一緒だったら、どうだったでしょうか(笑) まあ、ここはそういう宿なので、文句を言うのはお門違い!
     ただ、私の場合、温泉付というのに最大の魅力を感じチョイスしたのですが、これについての感想は既に記した通り。

    20060131230650.jpg
    冬の支笏湖

     もっと早めに温泉蛇口操作の秘訣を聞き、お風呂を堪能できていれば、満足度は高まったと感じています。

     9時45分のバスで千歳方面に向かいました。

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2006.02.09 18:50  | # [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/225-7a35ec4c

    | ホーム |