札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     宿指定の19時から食堂で。通常は18時30分スタートですが、今日は同時刻から支笏湖氷濤まつり花火打ち上げがあったため、この時間からとのこと。


    夕食全景

    20060131193823.jpg
    赤魚と野菜のホイル焼(香草味)

    20060131193835.jpg
    なすとチーズグラタン

    20060131193857.jpg
    マカロニとビーンズサラダ

    20060131193911.jpg
    切干大根

    20060131193956.jpg
    ジンギスカン全景

    20060131194013.jpg
    鍋に入れたジンギスカン

    20060131194037.jpg
    白米、味噌汁

    20060131194026.jpg
    オレンジ

     飲み物は館内自販機で購入、外部からの持ち込みもOK。自販機の缶ビール値段は350㍉280円(発泡酒220円)、500㍉350円(同280円)。ジュースは定価通り。

    20060131194235.jpg

     写真の食堂テーブルには、3人分の食事が寄り添って全皿セットされています。私ら2人+1人旅の女性分のもの。他に宿泊客はいません。
     大阪からやって来た北海道旅行を楽しんでいる方と、旅行の話やお国自慢をしながら食しました。これがユース流のよう。

     大きな食堂に3人しかいないのですから、席を離れて食すのは、なんだか寂しいですよね。とても新鮮でした。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/223-f1105ec3

    | ホーム |