札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     長野県北部に位置する野沢温泉村。自治体名に「温泉」を冠しているって、冷静に考えれば非常にユニークであり、言い方を変えれば、それだけ温泉が村に根付いている。冬場のスキー産業も活発だ。

    野沢温泉
     人口3,800人ながら宿泊施設は240軒に上る。スキーシーズンのみ営業する民宿をはじめ、全体的にこじんまり宿が多く、旅行代理店と仲良しの大箱ホテルは見当たらない(あったら失礼)。温泉を引いていないケースも少なくないものの、共同浴場が13ヵ所もあるので不自由しない。
     宿、商店、住宅、共同浴場が渾然一体となった温泉街を形成しており、全国の温泉好きにとって「温泉街をそぞろ歩きするだけでワクワク」する、いわゆる聖地と言って良いだろう。




    そぞろ歩き

    十王堂の湯
    大湯旅館街
    ごちゃごちゃ
    奈良屋旅館の付近
     ごちゃごちゃした風景、しっとりした風情、さまざま。



    麻釜(おがま)

    天然記念物
    麻釜
    野沢菜をゆがく地元の方もいた
     野沢温泉のランドマーク。地元の方々が、野沢菜を湯がいていたりする。「温泉文化」を感じる瞬間だ。





    麻釜の湯

    麻釜
    麻釜の湯(女性)
    麻釜の湯



    熊の手洗湯

    熊の手洗湯
    熊の手洗湯の浴室



    大湯

    夜の大湯
    朝の大湯
     野沢温泉での宿泊客は無料で入湯できる共同浴場。1泊2日の短い逗留だけに、13ヵ所すべてコンプリートは、はなから諦めた。3ヵ所を味わって、それでオールOK。今宵の宿へチェックイン後の夕方、宿で夕食を終えた食後、ぐっすり眠った翌朝・・・ 基本的に、客でごった返しているものの、日頃の行いが良かったら、意外と貸し切りチャンスに巡り合えるものだ。




    そば処 鈴木

    そば処鈴木
    ざるそば780円
    かけそば780円
     野沢温泉観光協会のスタッフに聞いて訪れた。美味い。で、今宵の湯宿へ。

    こんばんは。野沢温泉に行かれたのですね。
    私も昨年温泉仲間と1泊2日で訪問しました。宿は熊の手洗湯前にある中島屋旅館さんでした。
    宿泊プランは1泊朝食付きでしたので夕食は共同浴場巡りの途中、温泉街の居酒屋さんでいただきました。共同浴場入浴後のビールの味は今も忘れない美味しさでした(笑)
    野沢温泉は温泉街を歩く楽しさが一杯ですね。
    ちょっと無謀でしたが仲間全員で13ヶ所の共同浴場を全部入湯しました。(1日目6ヶ所、2日目7ヶ所)
    宿で集印帳(300円)を購入し、共同浴場や観光スポットを回りオリジナルタオルをゲットしました。

    北海道にはこうした温泉街がないのがとても残念ですね。

    2013.06.28 01:08 URL | 温泉マン #nlnTgiQk [ 編集 ]

    温泉マンさんへ

    野沢温泉に行く前に、温泉マンさんのブログにて、
    野沢温泉で楽しまれた様子をしっかりチェックさせていただきました!
    ワタシは共同浴場制覇はとてもとても無理でした(笑)

    それでも、普段の温泉旅は、宿に籠るケースがほとんどですが、
    野沢温泉は宿から飛び出したくなる魅力でいっぱいですよね。
    10月に行ったので、外歩きしても暑くなかったですし。

    おっしゃるように、北海道には野沢温泉のような温泉街が見当たりませんね。
    だからこそ、ない物ねだりで内地へ遠征するのかも知れません。

    2013.06.30 07:36 URL | いっち #- [ 編集 ]

    うわー、なつかしい。外湯めぐりと野沢菜、民宿に泊まってスキーっていうパターンで何度も行きましたよ、この村は。20分くらい乗り続けるシングルリフトがあったのが記憶に残っています。昭和の終わり頃の話です。

    あ、野沢温泉村出身で北海道に馴染みの深い人といえば、雪印スキージャンプの西方仁也さんだと思います。

    2013.07.02 22:47 URL | じゅん #MvSKUjhA [ 編集 ]

    じゅんさんへ

    こんばんはです。図らずもじゅんさん思い出の地に足を運んだようですね(笑顔)
    野沢温泉=スキーのメッカ、なのですね。泊まった湯宿の方も「冬場が混む」とおっしゃってましたし、冬期間しか営業していない民宿も多数あるようですから、頷くところです。
    そうそう、スキーヤーも多数輩出しているようですね。確か、草津温泉からは荻原兄弟が・・・ 湯処=スキーが盛ん、という方程式を感じました(笑顔)

    2013.07.04 21:44 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/2201-1dc0e7ef

    | ホーム |