札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」


    客室から望む豊平川と温泉街の夜景

     前から気になっていた宿ですが、土曜に2人で泊まると値段が15,000円強とか高めなだけに、なんとなく縁がありませんでした。
     しかし昨年、宿泊客でもないのにタクシーを呼んでくれ、宿スタッフ応対が良いなあと感じ、その恩義に応えよう(笑)と、初めての宿泊。

     確かに私が接したスタッフは、みなさん笑顔でてきぱき好印象。さすがは札幌グランドホテル等をグループとしている三井観光開発。温泉街にありがちな、名前だけの「ホテル」ではありません。

     例えば、宿に着いてすぐに土産屋へ行き、定山渓で最近売り出し始めた野沢菜(小金湯で栽培)漬物を買おうとしたが、残り2品で賞味期限は1月12日。スタッフに「もう少し賞味期限の長い品はないか、明日入荷しないか」と聞けば、「そうですよね、お待ちください」と電話でどこかへすぐに確認してくれ、「品はそれしかなく、次の入荷は20日なんです」と説明。
     こうやって手を尽くしてくれれば、気分良く納得できますよね。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/206-bdbdbc9d

    | ホーム |