札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    魅惑的な看板
     国道391号を北上していたら、こんな看板に吸い込まれた。

    雑木林の奥に湯小屋?
    センターハウス敷地内に湧き水
     温泉付分譲地に複数の住宅が立ち並び、センターハウスの庭に、冷水が垂れ流されている。

    これが温泉付分譲地
     いいなあ。

    噴水&謎のタンク
     ずんずん奥へ進むと、こんな感じ。

    大道開発の看板。釧路界隈において「同社が温泉開発を独占」と思っていたが、同業他社もあった
     周辺は地下資源の宝庫らしい。

     この付近に温泉付分譲地が複数あった。購入を検討する方は「お試し入浴」のチャンスも。

    アルカリ性単純温泉、86.2度、無色澄明、無味、無臭、pH8.7、毎分230リットル(動力揚湯)、成分総計0.633g/kg
     標茶、弟子屈界隈は侮れない。

    いっちさん、ドモドモ\(^_^

    フフフ♪この蛇口が写っているという事は~あのハウス行って見てきたのですね。
    もしかしてお試しもしてきたのかな(^_^)ニコニコ

    2011.05.31 01:58 URL | KOBAN2 #vkcXtX9g [ 編集 ]

    こんばんは、どうもどうもです。KOBAN2さんでしたら、蛇口でどこの湯か即座にお分かりになりますよね。改めて先達に敬意を表します(笑顔)
    もしかして、の通りでした。いいですね、こういう湯めぐり。冒険気分が高まります(笑顔) 以前、道東をアドバイスいただきましたが、今回、やっぱり良いなあと体感してきた次第です。感謝ですm(__)m

    2011.05.31 22:15 URL | いっち #- [ 編集 ]

    泣ける湯口とお湯の色・・・。
    このあたりもいろいろ奥が深いようですね。

    2011.06.03 21:59 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、私もほんのさわりだけ、味わってきました(笑顔)
    白老のような奥深さを感じておりますが、白老よりも不動産屋による情報発信が充実しているので、
    攻略しやすいかと感じております。

    2011.06.05 07:41 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/1910-0f3048cf

    | ホーム |