札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     帯広駅北口から徒歩20分以上だろうか。十勝川に近い住宅街の一角に、珈琲園バンカムが佇む。「バンカム」って、トルコ語で「コーヒー」を意味するそう。

    シンプルな外観
    店内
     ジャズが流れる店内は、しっとり落ち着く雰囲気。新聞、雑誌、マンガ本が充実している。

    ドリンク
    ・ブレンドコーヒー450円
    ・アイスコーヒー480円

     蝶ネクタイをびしっと締めた2代目マスターがサイフォンで作るコーヒーは、濃くて味わい深い。

    つげ義春
     つげ義春の単行本が置いてあった。「庶民御宿」という作品の冒頭のセリフ。「旅先でコーヒー飲むの 好きだね ボク」。自分自身に置き換え、そっと呟いてみると、なんだか旅情が増してくる。向かい席のつれが「なんか言った?」

     各種コーヒー、紅茶、冷たい飲み物のほか、食事メニューとして、カレーライス600円、ピラフ680円、日替わり定食720円(平日のみ)。コーヒーが付くトーストセット700円、ホットサンドセット730円あり。複数のモーニングサービス(9~10時)も。

     帯広市西5条北2丁目 八重洲ビル1階。9時00分~18時00分。定休日第1、3、5土曜日。

    ごぶさたしております。
    つげワールドへ引き込まれてしまいコメントいたします。(笑)

    旅先での描写が多く、寂しさが漂うなかでの登場人物のセリフがなんだか染み入るようですよね。

    私もなぜか旅先でコーヒー飲みたくなってきました(謎)

    2011.05.08 23:24 URL | はまぐり #- [ 編集 ]

    はまぐりさん! こちらこそ、お久しぶりです~
    つげさんの世界、いいですよね(笑顔)
    私の場合、東北をはじめ鄙びた湯治場で湯めぐりしているエッセーが好きです。
    つげさんを思いながら、コーヒーはおつでした。
    旅先で渋い喫茶店にめぐり合えると、とても気分上々です!

    2011.05.09 20:32 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/1899-1ed0cc93

    | ホーム |