札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    20051228195151.jpg
     3連休初日ながら、宿泊客は4組8人と少なめ。そのため混浴露天は気兼ねなくゆっくり入れますし、他の男性客が入ってきても、つれは開放感からか、タオルで前を隠しただけで堂々としていました。

     ただ、つれが湯船を出た際、これまで背中を向けていた他男性客が振り返り、食い入るように、ノーガードのつれの後姿を見入る姿を目の当たりにしたため、私は体を張ってさりげなく視界を防ぐ一幕も(笑) でも、正直、同性として気持ちが分かるし、私も開放感からか、なんだか憎めないのです(苦笑) つまり、そのようなことは温泉場では些細なこと、という意味です。

     ちなみに私は、過去に混浴風呂で女性と遭遇した経験は何度かありますが、お年を召した人生の大先輩だったり、がっちりバスタオルを巻いている方ばかりだけに、凝視することもなく(笑)、「どこから来ましたか」等と会話して今に至ります。もし、妙齢の淑女が素っ裸で来たら、きっとびっくりして、おろおろするかも。修行が足りぬようです・・・ いずれにしても、混浴における男性は、紳士であるべきなのは言うまでもありません。

     閑話休題。

     1人8,500円で新鮮な湯と混浴露天を堪能でき、食事も多すぎず心づくしで良いなあと私感。ご主人や湯守をはじめ、住み込み若手スタッフが気さくで感じ良い応対でした。


     同宿は日本秘湯の宿に加入。3年以内に10個スタンプをためると、押してもらった宿のうち、1泊無料宿泊できる制度をかねてから聞いていたので、それが欲しいというと、私らにスタンプ帳を1つずつくれました。ただ、無料宿泊は土曜、休日前、GW、盆、年末年始がNG。

     宿の都合から、足寄ではなく本別まで送迎してもらいました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/186-825171b3

    | ホーム |