札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    オーベルジュって何

     ユネスコ認定の世界自然遺産「知床」へほど近い清里町に、オーベルジュを謳う温泉宿がある。それが、ホテル清さとだ。
     そもそもオーベルジュって言葉は、フランス語で「宿泊設備を備えたレストラン」という意味らしい。日本オーベルジュ協会は「西洋料理を中心に食にこだわったレストラン機能を伴う宿泊施設」と定義づけている。

    オーベルジュの温泉宿
     自分なりに解釈すれば、洋食に力を注ぐ「食」がメーンの宿、かしら。

     和洋問わず美味い食事は大歓迎。ついでに温泉も味わえれば言うことなし。既に泊まった方々の評判も良いだけに、期待に胸ふくらませ投宿した。
     


    地元産こだわる和風フレンチ

    夕食オードブル
     神奈川県で修業を積んだ斜里町出身シェフが、地元の素材を活用した和風アレンジのフレンチを1品ずつ提供する。写真のオードブルは、牛もも肉(知床産)、真鱈(オホーツク産)、南蛮海老(道内産)となっており、他のメニューもオホーツク地方を中心に、必ず道内産の食材を使用しているのが印象的だった。旬の食材を使用するため、毎月メニューを微妙に変えている姿勢も好ましい。

     一般的な宿ならば、ワインクーラーを食卓に置き、その中に注文したワインボトルを入れて、あとは客が勝手にグラスに注ぐ仕組みなのだが、この宿は違う。ワインクーラーをレストランの隅に置き、当方の飲み具合をスタッフがチェックし、適時注いでくれるのだ。

     フレンチ=フランス料理と聞くと、「なんだか堅苦しい雰囲気の中、ナイフとフォークをかちゃかちゃさせて、おちょぼ口で食べるんだろう」などと、世のオトーサンは嘆くかもしれない。

    館内着で夕食している当方
     ホテル清さとは、ちゃんと箸を用意している。服装もこじゃれる必要はなく、館内着(上下のスウェットな感じ)でOKゆえに、気取らず食せると私感。たまにはこういう宴で、オカーサンを労うのもカッコ良いかも。



    湯も本格派だった

    男性露天風呂湯口 成分総計16g/kgの濃い食塩泉は、2006年(平成18年)に掘り当てた。1分間に480リットル湧き出る72度の湯は、熱交換器で温度を下げ、一切手を加えず湯船に注ぐ。あふれ出た廃湯は床暖房などに活用していると聞いた。
     湯は黄色く、口に含むとしょっぱい。鼻を近づけるとほのかにモールの香りが漂う。いやはや、食に続いて湯も本格派だな。
     大浴場の内風呂と露天風呂で、夜中も存分に味わえる。日帰り入浴を受け付けておらず、客室数も13室しかないから、1人占めできるチャンスが多い。

     さらに1階客室(6室)は、もれなく露天風呂がついている。
     部屋でごろごろ→ちょっと入るか→ドアを開けてざぶり→いい湯だった→部屋でごろごろ→ちょっと入るか・・・無限ループにおちいりそう。



    もてなしの心伝わる

    おしゃれな外観
     この宿の歴史をひも解けば、もともとは1992年(平成4年)、清里町営のホテルボリーニャとしてオープン。北海道建築賞(日本建築学会北海道支部が企画)を受賞するほど、こじゃれたデザインだった。その後、閉館してしまったが、知床第一ホテルが買収し、ボーリングして温泉を掘り当てた上で、2007年(平成19年)にホテル清さとへ生まれ変わったそうだ。

     食事も美味しかったし、何度も湯浴みした。田園風景にとけ込む建物だってこぎれい。それ以上に、いいなあ、と感じたのが接客だった。

     レンタカーを停めようとすると、すぐに飛んできた青年スタッフはさわやかだ。出迎えてくれた支配人は、アタック25(朝日放送)司会の児玉清氏のような温和な感じで、なんだか安心感を与えてくれる。
     この2人が夕食も朝食も対応してくれた。青年スタッフに聞けば、シェフと女性スタッフを含めスタッフ4人体制という。これで13室を切り盛りしており、忙しい時期を除き、客室の掃除も自分たちで行うそうだ。
     「大変ですね」との問いに、青年スタッフは「でも楽しいですよ」って。話ぶりから本当に楽しんで仕事しているのだなあ、と感じ、こちらまで嬉しい気持ちになってきた次第。
     帰り際、コック帽をかぶったシェフが挨拶とともに土産にパンをくれ、支配人、青年スタッフとともに玄関の外に出て、3人で当方を見送ってくれた。

    1階客室ベランダから庭を望む
     「いやー、すごく感じ良い接客だったね」。レンタカーを運転しながら呟くと、つれは言う。「うん、それにあのシェフの方、朝ね、玄関で客の脱ぎ散らかしたスリッパをちゃんと直していたの。普通、料理人って、プライドがあるから、料理以外の仕事って、手を出さないでしょ。だからね、この宿はスゴイと思う」。

     スタッフ1人1人が何役もこなし、一丸となって「もてなそう」という姿勢が伝わる、心地良いオーベルジュの湯宿だった。

     客室に露天風呂がついて、1人21,500円(るるぶトラベル3周年記念特別料金プラン→ネット予約)。定山渓や登別に佇んでいたら、30,000円以上はするだろう。そう考えると、お値打ちプライスとみた。

    いっちさん、とうとうホテル清さとのレポ完成ですねフフフ♪

    もう~記事読んで画像見ているだけで
    よだれダレダレ、地団駄フミフミ状態のσ(^^)
    素敵なレポをありがとうございます。

    画像のゴハンには、もちろんなんですが

    お湯の画像に、激しくよだれダレダレ←今話題の口蹄疫では無いですσ(^◇^;)

    あの、湯気モウモウでモールの薫り高いお湯がぁ~~~
    こんなイイ使われ方で味わえるなんて
    さらに、宿としての姿勢も良いとなると
    (本当はこっちが重要なんでしょうけど(苦笑))
    こちら方面に行きたい泊まりたいという方には
    このレポを見せて、おススメしたいと思うです

    私自身、極力言わないようにしているセリフなんですが

    羨ましいです、行ってみたいです‥(^^)
    (謎笑)

    2010.05.22 21:50 URL | KOBAN2 #vkcXtX9g [ 編集 ]

    KOBAN2さん、どうもどうもです。
    昨年、道東の旅をご指南いただいたm(_)m時、話題に上がりましたこの宿へ、念願かなって行ってきました。
    湯、食事、もてなし・・・久々に非常にナイスな湯宿に出会いました。なにかの記念日に、お泊まりをオススメします(笑顔)
    大型ホテルの経営なので、泊る前はどうなのかなともチラリ思いましたが、いらぬ心配でしたし、この接客ならば、大型ホテルの方も期待できそうなどと感じました。

    KOBAN2さんのブログで、ここの源泉を改めて拝見しました。いやはや、ドバドバ流れ出て豪快ですね!!! ああ、この湯の色艶、香りを思い出し、こんな夜中にまた浸かりたくなってきました~

    2010.05.23 01:38 URL | いっち #- [ 編集 ]

    しっかりとしたリストランテは、ワインを注ぐのは給仕の仕事です。決して客にはさせませんし、もし客がボトルを持てば、その店はリストランテ失格です。
    ちょっと格下の、ビストロなんかでは客が自分でつぎますけど。

    なかなかすばらしいオーベルジュですね。それも温泉付とは。
    オーベルジュは、「料理に力を入れた田舎の民宿」が定義になると思いますが、民宿って感じじゃないのが多いです、日本では。

    2010.05.23 18:12 URL | じゅん #MvSKUjhA [ 編集 ]

    じゅんさん、こんばんはです。
    おお、ホテル清さとの応対は、しっかりしたレストランが行う基本であり、それをさりげなくやり遂げているナイスな対応なのですね。

    田舎に佇む、というのが、オーベルジュのポイント・・・確かに札幌の街中にあったら、ちょっと違う感じですよね。

    いろいろ教えていただき、感謝感激です。ありがとうございました! ご指摘のように、いい宿でした(笑顔)

    2010.05.23 21:04 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっち様

    気に入って頂いたようで安堵しております。
    そろそろ再訪したくなってきました(^^)。

    2010.05.24 22:23 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    この宿の歴史を見つめられている駅前旅館さん、素晴らしい宿をお教えいただき、ありがとうございました!
    季節を変えて、また行きたいな、と思っている今日この頃です。
    駅前旅館さんも再訪を願っているのですね。こちらの湯宿で邂逅するのも良いかもしれませんね(笑顔)

    2010.05.25 22:33 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/1684-9ee8163f

    | ホーム |