札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    宿の玄関上の看板

    露天湯口

     過去3泊は、いずれも冬期ゆえに閉鎖していた露天風呂(シコロの湯&ユコマンの湯)。今回、初めて味わった。

    シコロの湯

    ドア

    露天通路

     通路の奥に、露天がある。

    こんな感じ

    大きからず狭からず






    ユコマンの湯

    シコロの湯と比べ、湯面の色合いが微妙に異なるのは光の加減or写真加工のせい?

    悪くない風情

     こじんまりとした露天風呂だ。

    はぁあ((・3・)Ξ 溜め息ですぅ)
    良いなぁ。憧れの地旭岳。しかもユコマン荘。

    私、山水から帰って来ました。
    母は新館の4階、眺めの良い部屋を用意されご満悦。
    持ち込んだ手土産(胡麻煎餅)を手渡して又ニッコリ(*^_^*)
    あぁあ、この日を楽しみにしてくれていたんだなぁ、とちょっと嬉しくなりました。

    いつも長々と書きこむクセが付いているので今回は要所のみを書きますね(^_-)-☆

    入り慣れた温泉に関しては省略~と思いましたが、おっと忘れていました(-_-)
    混浴露天風呂の存在を!!
    ココには宿泊しなければ入れないので無理やり何度も足を運びました(笑)
    やはり広いし眺めが良いし良いですね。しかも夜は3回中3回とも貸切でした。イヒッ(*^^)v 
    朝は男性が7人程いましたが構わず入り(例の?ピンクの湯着を着用)挨拶をした後世間話をしまくり(笑)15分程入浴しました。

    お食事は想像以上に多く正直・・・キツかったです(お腹が、量が)
    お魚系が大好きなので1つも残さず食べれたんですが、今回は母の誕生日&喜寿と言う事で女将さんからケーキのプレゼントがあり・・・
    嬉しいのにキツイ・・・お腹・・・限界でした。しかもケーキを持って来てくれた際、豪快な笑いと強烈なトークが始まり(笑)母と女将さんと私とで大盛り上がり!大爆笑!!女将さん、もう20分位部屋に居ましたよ!!!スッゴイ盛り上がってめっちゃ弾けたトークと笑いがたまりませんでした。

    女将さん、開けっぴろげで豪快な笑い、良い感じですよ。こんな愉快な女将さんも居るんですね(φ(..)メモメモっと)正直なかなか出会えないタイプの方だな、と得した気分でした。
    ハッピーバースディの♪歌を女将さんと2人で歌いキャンドルの火を消して・・・
    「30年以上こんな事してもらった事なんてないから」とエラク感動していました(/_;)ウルウル
    あなたのその笑顔私は忘れませんよ(心の声)

    そして帰り際例の券を使い、代金を支払いお土産にボールペン1人1本と、温泉卵5個入りを2パックも頂きました。
    最後に丁寧な挨拶をして頂き、こちらも深々と頭を下げて「お世話になりました。良い1日を過ごす事が出来ました。又来ますからね」と挨拶。
    すかさず女将に「又日帰りでもお待ちしております」と言われ絶好調にご機嫌な気分で宿をあとにしました。
    車中で母・・・「又泊まろうね」おーーーーーい!!!すっかり気分を良くしたらしく泊りが大嫌いな母がニッコリご満悦で「今日はありがとぅ」って言ってくれました。
    良かった。喜んでくれて。だって普段どこに連れて行っても、何を食べさせても、何を買ってあげてもイマイチな反応で・・・
    母は一体何をされたら喜ぶんだ???って訳が分かりませんでした。
    でも今回大嫌いな泊まりなのに、あの笑顔(…って見えませんよね)
    よほどツボにハマったんだなぁ。っと嬉しかったです。

    あれ?最初に手短にって書いてたのに、いつもと変わらない?!
    またやっちゃいましたね(^_^;)アセアセ
    どうも毎度のことながら長い文・幼い文で申し訳ありません <(_ _)> カタジケナイ

    読んで頂き、ありがとうございます。



    2009.07.05 13:42 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    ドラあきさん、お帰りなさい! 親孝行、大成功で良かったですね(笑顔)
    やはり、山水というシチュエーションが良かったのかと推察しております。全体的にきれいですし、湯使い、食事、そして女将のもてなし・・・ 札幌界隈で、親を連れて行って満足してもらえる湯宿ランキングの第1位と言っても過言ではないとオモッテマス(2位以下はどこ、と追及されても分からないのですが・笑)。

    混浴露天は健在でしたか。ちなみに私は、山水にて、つれ以外の女性と一度も混浴したことがないです~ ドラあきさん、勇気がありましたね(笑顔)

    充実された温泉旅を胸に、あすからのお仕事、お互い頑張りましょうね(笑顔)

    2009.07.05 21:49 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさま

    長らくご無沙汰しておりました。
    今春にいっち様やこのブログの読者のみなさまににアドバイスいただいて、初めての北海道旅行を湯駒荘で過ごしました。
    その時には閉鎖中だった、憧れのシコロとユコマンの露天風呂の写真をアップして下さったのですね!

    どんな露天風呂なのか?と気になっていたので、写真を見せていただけて、嬉しいです。
    いっち様、ありがとうございました!!(笑顔)
    琴の音が流れてきそうな?(苦笑)派手さはなく、こじんまりとしていて、あの良質なお湯と旭岳の美味しい空気が味わえる!露天風呂のようですね。

    そして、夏の遊食膳もまた美味しそう。
    若きシェフの心遣いにも感心しました。

    先日の大雪山系での登山者の遭難事故のニュースを見聞きする度に、旭岳の雄大な景色や湯駒荘でのあれこれを思い出していました。
    夏といえども、大きな山は侮れない…私もいつかは夏の旭岳を麓だけでもハイキングして、憧れのシコロとユコマンの露天風呂にゆっくり浸かりたいと思っています。

    2009.07.29 06:42 URL | はな #- [ 編集 ]

    はなさん、お元気そうで何よりです(笑顔)

    湧駒荘の露天風呂、冬しか泊まったことがなかったため、私も初めての入浴でした。おっしゃるように、質素でこじんまりとした様相が、控えめでいいなあ、と思った次第です。
    そして、やはり美味な料理も、この湯宿の特色ですよね。季節を変えて、また来たい、と思わせるだけの料理内容ですね。

    無理のない程度に、旭岳を楽しみつつ、湯と食事を満喫・・・ゴールデンスタンダードとオモッテイマス。また、北海道に遊びに来てください! なにかご相談があれば、なんなりと(笑顔)

    2009.07.29 22:17 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/1454-ca1864a6

    | ホーム |