札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    外観
     ハードは新しい。平屋建て5室のこじんまり湯宿だ。
     歴史は昔々に遡るようだが、現在の湯主は、1989年(平成元年)から経営しているよう。20年間やり続けるって、素晴らしい。

    源泉そばに神っぽいものを祀っているのだが、自然は無常なのかしら
     実は当方が泊まった日、夕方から湯を汲み上げるポンプが故障した。「動力揚湯」の湯宿は、ポンプが動かない限り、湯が出てこない。それは当たり前のことだが実際に体験すれば、自然湧出という状態が、いかに素晴らしいか痛感する。人間は自然を前に無力である。そんな印象だ。

    湯面に油の膜
     早朝、湯浴みに行くと、やっぱり湯口から湯が注がれていない。そのおかげで、湯面に油が浮いている。静かに身を沈め、湯を手ですくって匂いを嗅ぐと、うん、油の匂いがする。代わりにぬるいのはご愛嬌か。

    ちらし
     ポンプが絶好調であれば、湯船から湯がざんざかあふれ、その廃湯は農家のビニルハウス栽培に活用されるだろう。濁川温泉という土地柄を感じた次第。

    みやげ
     宿泊翌日、朝食を食べて客室でごろごろしていれば、ドアをノックする音が。扉を開けると女将さんだった。

     「ごめんね(湯が出なくて)、これ、どうぞ」と、近くの農家が育てたトマト&きゅうりを差し出した。「いやー、どうも恐縮です」と受け取ったものの、当方はこの湯宿をチェックアウトした後、他の湯宿へ2泊する道中だ。
     本来は手渡されても困っちゃうのだが、トマト&きゅうりは保存がきくだろう(ちょいと悪くなったら、溶き卵と一緒に炒めて、醤油と砂糖で味付すると美味)。
     何より、その報告と気持ちに良心を感じた。何かしでかした際、正直な報告&陳謝&応対が一番ナイスである。他山の石にしたい。

     建物がきれいで湯が良い。食事は質素である。1万円以下で宿泊できる湯宿として、悪くない。そう感じている。

     帰り際、当方と入れ違いに、ポンプの故障を直す複数の業者がやってきた。客は温泉を目当てにやってくる。その湯が出ないという状況は、さすがにやばい。湯宿は「湯」があってなんぼ、なのだから。
     ポンプの故障だけであれば、その日のうちに復活したであろう。そう祈りつつ、ますますの発展を祈念したい。

    ポンプ直ってました。
    先週こそっと日帰りで入浴(再訪)。
    一部同行者はアポなしで五色の湯に入ることができてホクホク顔でしたが、自分はここがまだ未湯だった友人と天湯へ。
    相変わらずのいい湯を堪能しました(^^)。

    2泊3日の道南旅は、、

    初日
    銀婚湯(泊)
    濁川温泉 温泉旅館 天湯

    二日目
    盤石温泉
    五厘沢温泉
    乙部温泉 光林荘
    鳥山温泉 乙部町ゆりの里活性化センター
    緑丘温泉 みどりヶ丘湯っこ
    天の川温泉(河原の野湯)
    湯ノ岱温泉 上ノ国町国民保養センター
    知内温泉 ユートピア和楽園(泊)

    三日目
    亀川霊泉 枕木山荘
    函館 花園温泉
    湯の川温泉 日の出湯

    でした(^_-)-☆。

    2009.05.19 23:21 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、ポンプ、直ってましたか! 嬉しい限りです。
    少しアブラな臭いが、良かったと感じてます。
    それにしても、2泊3日でたくさん湯浴みされましたね。駅前旅館さんが記された施設のうち、入湯経験ありは4ヵ所だけです~ 羨ましいです。
    今後ともマイペースで湯を楽しみます(笑)

    2009.05.20 19:52 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/1405-c438cad3

    | ホーム |