札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ◆1泊朝食付5,250円の値ごろ感

     「1泊朝食付5,250円」。四季倶楽部の宿は、365日いつでも、この価格設定が基本です。

     宿スタッフによれば、全国に広がる四季倶楽部の宿の中でも、定山渓プライムは「きれいで、お客様の評価が高い」そう。平成元年頃に建てられた建物は、館内・客室が未だ真新しい感じで、値ごろ感ありますね。

     宿泊希望日の数日前、ネット予約しました。ちなみに予約受付は2ヵ月前から。年末年始は抽選で宿泊者を決定するそう。当日は、5室すべて満室でしたね。
     この日、館内在中のスタッフは男性1人のみ。たった1人のスタッフが受付に加え、夕食と朝食の調理を担うわけです。普段は2人体制だそう。布団敷きはセルフサービスですし、こういう取り組みで、安価な宿泊代を維持できるみたい。


    ◆しかし、定山渓で夕食どうする?

    看板
     もし、朝食付で泊まったとして、定山渓温泉街で夕食をどうしようかなあ。

     真っ先に思い浮かんだのが、松尾ジンギスカン定山渓支店。23時30分まで営業ですし、味付ジンギスカンを喰らいビール・ワインを飲んで、1人3,000円くらいで済ませられるかしら。ちなみに定山渓プライムの夕食オプションが1人3,150円ですね。

     また、定山渓第一寶亭留翠山亭の中にある食事処「桑乃木」は、宿泊客にとどまらず、外部の一般客も居酒屋感覚で受け入れているらしいので、ここも良いなあ。でも、宿泊客が多い週末に、果たしてぶらり訪れた客を歓待してくれるのかな。ちょっと尻込みしちゃいますし、本気で食したいならば、予約した方が(受け付けてくれるか否かはさておき)賢明なのでしょうね。

     そもそも、ラーメンで良いならば、可楽もありますし、コンビニ弁当、カップ麺という手も。札幌市街で夕食をとり、20時過ぎにチェックインという手もありますので、個々人が自由にすれば良い、という当たり障りない結論かな。

     湯治宿ではないため、炊事場がない点を付け加えます。


    ◆結局、湯宿で食した「オトコの手作り料理」

    夕食基本膳
     当方の場合、夕食オプション3,150円で予約し、宿が提供する夕食を食しました。この日、館内たった1人の男性スタッフが準備してくれたものです。

     当ブログにコメントを寄せていただいている、よしいさんのブログでは、この湯宿に泊まった1年前の夕食は、しゃぶしゃぶで、食いきれないほどてんこ盛りの野菜、という「体育会系なボリューム料理」でした。
     覚悟を決めて夕食に対峙すると、私の宿泊時はアレレ、少量な印象。固形鍋は、味付オリーブオイルを沸騰させ、そのソースに生野菜をつけて食すというアイデア料理に初めて出会った次第。

     客室5室は満館だった中、夕食をオーダーした客は当方1組。レストランを貸し切り、ゆったり出来ました。夕食も朝食も、ここのスタッフが内容を考え、年3回ペースでメニューを変更しているそう。

    朝食
     ここの食事の良し悪しは、少なくとも当方は、事前に聞いた経験談の「てんこ盛りの野菜でしゃぶしゃぶ」と比べれば、まあ良いではないですか、どこかしら垢抜けましたよ、な印象です。


    ◆意外や意外 ナイスな湯使い

    淡い緑色
     男女内風呂の浴槽1つのみながら、豊林荘を思い出す湯質にノックダウン。ありがたや、ありがたや。

     1泊朝食5,250円、夕食オプション3,150円・・・ 安価な値段で、きれいなハード、そして湯使いの良さに、お得感を覚えました。

     当方としては、「体育会系なボリューム料理」から脱皮しつつある夕食にエールを送りつつも、次回は近隣飲食店での夕食もチャレンジしたいなあ。

     定山渓の穴場湯宿として、もっと注目しても良いかも知れません。

    こんばんは。久しぶりにお邪魔します(とはいえほとんど毎日ROMってました)。

    それにしても・・・ひゃあ、場合によっては一人で館内を維持せざるをえないこともあるのですね。それはタイヘン、たとえ5室でも・・・
    こうなるとスタッフ一人一人の資質がかなり重要になってきますね。ただ、自営ならともかく、雇われで極限のクオリティを要求されるとしたら、従業員にとってはキツいかも。

    世間さまは土曜日から3連休だそうですが、ぼくはもぎとった2連休を連休後の平日に行使し、長万部温泉へ一人旅に行ってきます。2日目は八雲のおぼこ荘と、帰りがけにニセコ山の家に浸かって札幌に戻ろうかと・・・うーむ、欲張りすぎかなあ。

    2008.10.09 23:55 URL | ぼらぼら #.VpBeogQ [ 編集 ]

    ぼらぼらさん、お元気そうで何よりです!

    スタッフの方は物腰が柔らかく、「お1人で大変ですね」と聞けば、夕食は当方1組だけなので大丈夫、もう1人は他の四季倶楽部の宿へ応援に行った、と笑顔で語ってくれました。

    他のお客(4組)は18時以降にやってきて、朝は9時を過ぎると去っていきました。他の湯宿と異なって、なんだかビジネスホテルみたいに「寝る場所」と捉え、アレコレ注文する客は少なそうな印象でした。いずれにしても、1人は大変そうですね、寝坊したら・・・(笑)

    長万部温泉泊ですか?! 商人宿風情&濃厚湯はすばらしいですよね。どこに泊る?か気になります。おぼこ荘、行ったことないですね。ニセコも寄ると、非常に充実した湯めぐりですが、札幌着は夜遅くになりそうですね(笑顔)

    よき旅を祈念します~

    2008.10.10 21:10 URL | いっち #- [ 編集 ]

    去年の記事にリンクしていただきありがとうございます。温泉ブログじゃないので、来た人はがっかりしたかもしれませんが(笑)。

    先週土曜日は休日出勤だったのですが、新橋で午後1時に解放されて、これが札幌ならこれから定山渓だな、と羨ましく思いました。

    定山渓プライムは1人運営になっていましたか。そういう事情を知ってしまうと、なおさら「悪いから夕食はやめておこう」という気になりそうな私です。タレ付きジンギスカンがいまいち苦手な私としては、定山渓の入りづらそうな居酒屋を、いっちさんが突撃レポートしてくださると嬉しいです(プレッシャー?)。

    2008.10.13 11:41 URL | よしい #GCA3nAmE [ 編集 ]

    よしいさん、こちらこそ、リンク承諾、ありがとうございます。泊まった方の生の声って、一番リアルで参考になると思います~

    新橋から湯宿って、熱海とすれば、品川から新幹線に乗れば、1時間くらい。札幌→定山渓にバスで行くのと同じ移動時間ですが、交通費が全然異なりますね。やっぱり、札幌バンザイ?でしょうか(笑顔)

    「定山渓の入りづらそうな居酒屋」・・・ 当方の課題ですね、以前からそう認識しております(笑)

    つい先日、紅葉狩りで定山渓へ入った際、某ホテル内の居酒屋でランチしました。まずはそこから、よしいさんへご報告します~

    2008.10.13 14:42 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/1222-b600303a

    | ホーム |