札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    夕食
    二の膳
     宿指定の18時から、別室個室で。二の膳付で一気出し。
     中瓶ビール450円、梅サワー400円。

    別室個室
     廊下とはアコーディオンカーテンで区切られているほか、隣室とは襖1枚で隔てています。

    あわび
    ・あわび焼

    生うに
    ・生うに

    さしみ
    ・刺身→いか、はまち、つぶ

    茶碗蒸しからあげ
    ・茶碗蒸し(温かい)
    ・宗八からあげ(冷えている)

    なべそば
    ・海鮮鍋(ほたて、白身魚、貝、えび、春菊、えのき、ねぎ、わかめ、鶏肉)
    ・そば

    白米、漬物
    ・白米(おひつで)、漬物

    前菜もずく
    ・前菜→うにいか、つぶ、岩のり
    ・もずく酢の物

    メロン
    ・メロン

    ふとん
     客室に戻ると、布団が敷いてありました。

    久々に泊まったことのある宿が登場しました(笑)。

    お天気で良かったですね。4年くらい前ですが、ここの景色の素晴らしさは印象的で今でもよく覚えています。

    夕食は景色の見えない寒々とした別室ではなかったですか? せっかくの夕焼けを部屋食で眺められたら、冷めた料理も少しは温かく感じたのに、と当時思いました。

    2008.09.29 13:07 URL | よしい #GCA3nAmE [ 編集 ]

    よしいさん、泊られていましたか~

    夕食会場の個室は、貧乏臭い風情で、ご指摘の通りでした。その風情にゲンナリしたせいか、あわび、うに、さしみは及第点と思うも、あとはアレな感じで、私は夕食を結構残しました(苦笑)
    もっとも、つれは「別室個室」「あわび、うに」に感激し、私とは対照的にテンションが高かったので、やっぱり宿や食事の評価は十人十色なのでしょうか(笑)

    ちなみに、次に泊った湯宿も、よしいさんが泊った(1人で)ところです(笑顔)

    2008.09.29 20:43 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    https://oyusuki.blog.fc2.com/tb.php/1211-93d089d3

    | ホーム |