札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     札幌市南区・定山渓の外れに佇む一峯小築(いっぽうしょうちく)は、2016年春にオープン。日本ハウスの保養所を購入した中国人オーナーが営み、宿泊に特化している。
     電話すると、日本人男性が親切に対応してくれた。2016年のクリスマスイブ(土曜)に泊まって2食付12,000円。14時過ぎにチェックインすると伝えた。どんな温泉宿か楽しみだ。



    中国人オーナーの宿

    看板
     予定を少し過ぎた14時30分に到着。木のぬくもりを感じる真新しい建物だ。日本人男性が出迎えてくれ、「まだ(客室の)ご用意ができていないんですよ」。そうですか。きちんと整頓されたロビーで待つ。品の良さそうな調度品から中華テイストを感じる。

    玄関前陶器
    協会
    ホール
    商品喫茶
    お茶
     お茶を出され、しばいていたら、「そうだ、先にお風呂どうですか」と提案を受けた。よし、まずはひとっ風呂しよう。



    小ぶりの浴室 温まる湯

    風呂3(男)
    露天1(男9
     男性風呂と女性風呂はレイアウトや大きさが異なるものの、湯船は2~3人用の小ぶりサイズ。加水&塩素消毒と記載されていたが、気にならない。露天風呂の湯口や床に析出物が重なり、湯上り後に体の温まりが持続するから、ナトリウム-塩化物泉の成分力を感じた。脱衣所や露天風呂には絵画をかけてあり、中国人オーナーのこだわりを見た。

    朝食
    ・カレイ焼き
    ・レタス、胡麻ドレッシング (2人分)
    ・玉子焼き (2人分)
    ・刺身 (2人分)
    ・たらこ (2人分)
    ・納豆
    ・白米
    ・味噌汁

     1階食堂で8時00分と指定したものの、実際は8時18分に供された。

    | ホーム |