札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    朝食
    ・白米(おひつで)
    ・味噌汁
    ・しゃけ焼、明太子、佃煮
    ・玉子焼、がり
    ・きんぴらごぼう
    ・野菜サラダ
    ・豆乳鍋(具は豆腐)
    ・味付のり
    ・筑前煮(バイキング)

    おひつ&急須
    こだわりバイキング
     自由に選べるメニューが3品あった。

    ・筑前煮
    ・いけだ屋の梅ひじき
    ・原田(はるだ)のこだわり卵

    1人は寂しい?
     朝食はレストランで。7時00分~9時00分の間に自由に訪れる。

    かけ流し
     宿ホームページでは加温、加水なしのかけ流しを謳う。
     脱衣所に湯使いの掲示は見当たらなかった。

    温泉分析書
    温泉分析書 平成16年12月16日
    ・温泉名及び源泉名 二日市温泉(大観荘)
    ・湧出地 福岡県筑紫野市大字塔原139-2、137-18
    ・45.1度
    ・無色澄明、微硫黄臭、無味(湧出地にて)
    ・pH8.7
    ・蒸発残留物0.71g/kg
    ・溶存物質0.79g/kg
    ・成分総計0.79g/kg
    ・アルカリ性単純泉

     日帰り入浴は、宴会プラン客に限りOK。大浴場に入浴できる。
     大浴場無料、家族風呂45分2,200円、岩盤浴45分1,500円(宿泊客も払う)

     夜中は入浴できない。
    ・展望大浴場(新館3階)6時00分~0時00分
    ・地下大浴場(本館地下1階)8時30分~0時00分

    大観荘
    玄関
     福岡県筑紫野市「二日市温泉」の宿。69室。

    ロビー
    喫茶コーナー


     2012年(平成24年)のゴールデンウィークにつれと九州を巡った際、「ああ、やっぱり隣の芝生は青すぎてイイ」と興奮しきり。だから、ついついおだってしまい、3ヵ月後の夏休みに再訪を果たした。福岡、熊本、鹿児島の温泉宿を5泊6日で巡った1人旅を振り返る。



    新千歳→福岡

    JAL3512便
     2時間40分のフライトで福岡空港へ到着。往復14,000マイルを使ったため、交通費が浮いた。

    福岡空港前
    福岡空港




    福岡空港→博多→二日市

    二日市行き
     福岡空港駅から地下鉄に乗り、5分で博多駅へ。JRの普通電車に乗り換え、二日市駅へ17時19分に着く。福岡空港(福岡市博多区)から二日市(筑紫野市)まで1時間かからなかった。

    1日目


     2007年スタートした「サッポロ・シティ・ジャズ」。大通公園をはじめ、市内各地の街かどでプロ・アマのジャズアーティストがクールに演奏するイベントだ。いまや札幌の短い夏を彩る風物詩・・・と記してみたが、札幌市民のワタシは一度も拝見したことがない。「そういえば、やってたよね」な感覚だった。ヨサコイと同じで。

     今夏、初めて定山渓温泉(札幌市南区)で1週間(7月30日~8月5日)、毎夜ジャズライブを開くことが決まった。会場は定山渓神社という。

     定山渓温泉でまったり泊まるついでにジャズを味わうって、普段と違う温泉宿泊な感じで楽しそう。ただし、土曜に行けば、定山渓の宿泊客も多数訪れ、混んでいるだろうな。ならば平日に攻めた方が空いていて良い。そう考え、金曜の夜に宿泊しようと思った。仕事を定時で終え、地下鉄とバスを乗り継げば、不可能ではない。

    看板
    夜のホテル
     「真駒内駅」18時20分発のじょうてつバス前に乗り、「定山渓湯の町」19時00分に到着。札幌の夏は日が長いため、真っ暗になる前に今宵の湯宿「定山渓ホテル」にチェックインした。

    ロビー
     キャンペーン企画で朝食のみ1人3,650円って安くて嬉しい。夕食はジャズライブ会場で食べることに。



    客室

    既に布団を敷いてある
    いい感じ
     8畳+縁側+洗面台+トイレ。

    トイレ浴衣
    冷蔵庫茶
    客室鍵女性のみサービス
    もらった抽選券
     チェックイン時にもらったチケット。ジャズライブ会場で「たまねぎすうぷ」の引換券、景品が当たる「抽選券」だった。これは嬉しい。

    客室前廊下
     20時10分からジャスライブが始まるので、風呂にも入らず、会場の定山渓神社へ。



    ライブ会場

    ジャス案内
    神社へ続く階段
     ちょっと幻想的。