札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    温泉っていいなあ
     2018年1年間、どこに泊まったのか、振り返ってみた。

    1222 某宿7,000円
    1208 滝本イン9,720円
    1007 四季7,000円
    0929 章月グランドホテル18,900円
    0901 山の旅籠 山湖荘10,800円
    0825 500マイル8,900円
    0810 白布温泉 東屋14,580円
    0715 ニセコグランドホテル14,800円
    0602 500マイル8,900円
    0217 定山渓第一寶亭留 翠山亭22,140円

     年間10泊。全盛期の年間30泊には遠く及ばず近郊ばかり。
     長期休みを取れないから、1泊のみで。
     でも、一般ピープルの感覚で言ったら、10泊でもかなり多いと思う。
     これまでみたいに泊まり歩きたいけど、仕事のせいでそれもままならない。
     それもまた、人生。
     今の楽しみは、温泉パラダイスの白老を徘徊して妄想に浸ること。

     ホント、温泉っていいなあ。

    その看板かも
     白老町虎杖浜で、温泉入浴も楽しめた中華料理屋の「北京飯店」が廃業した。 空き店舗を不動産屋がテナント募集している。
     PRポイントは、▼温泉大浴場付き▼オーシャンビュー▼国道36号沿い▼駐車場多数▼厨房あり▼部屋多数-ですって。

    白老の中華屋です
     脱サラして、そういう経営をしたいって、夢見心地に考えたりする。

    北吉原で貸家
     白老町は全国の温泉好きにとってディープな街だ。この間、彷徨っていたら北吉原で貸家を見かけた。「見晴ヶ丘温泉」と謡っており、どんな物件か気になるところだ。白老町の温泉付き物件で、幸せな余生を過ごしたい。

    売り地
     萩野で出会った。やっぱり白老が好き。

     観光色が一切ない白老町竹浦地区。「こんな場所に、なぜ宿が」と問えば、「そこに温泉があるから」に他ならない。


    時が止まった温泉宿

    ホテル
    玄関
     「ホテル」を名乗るものの、洋風の雰囲気は一切ない。創業42年の温泉宿は、失礼を承知で言えば、高度経済成長時代の安普請がそのまま経年劣化しており、歴史が醸し出す風格もへったくれもない。壊れたままの自販機や、日に焼けた土産物が無造作に放置された館内は、時間が止まったまま。ハイライト230円(現在420円)に時代の流れを感じる。

    なつかしい自販機
    ガラスケース
    土産みやげもの